知っておきたい!賃貸に関する法律知識とは

賃貸で規定される権利とは?

マンションのような賃貸で、多くの人たちが集まって生活する場合、その生活を円滑にするよう、共通の管理や使用について規定する法律があるんですよね。マンションは「専有部分」と「共有」部分から成り立っていますよね。1棟の建物の中で、特定の個人が住居や店舗等として独占的に利用できる部分について、構造上区分されたその部分を占有部分といいますね。占有部分以外で、居住者みんなで利用する部分を共有部分というんですね。

賃貸の共有部分とは?

例えば、賃貸で数個の占有部分に通じている廊下や階段など、構造上で共同で利用する部分のことを共有部分というんですよね。共用部分は、法律で定められた共用部分(法定共用部分)と、規約で定めることのできる共用部分(規約共用部分)の2種類があるんですよね。また、「建物を所有するための土地」を敷地といい、敷地を利用する権利を敷地利用権といいますね。簡単にいえば、賃貸の建物の敷地のことですね。なお、占有部分と敷地利用権は、規約に別段の定めがある場合を除き、分離して処分することができないんですよね。

規約・集会の決議の効力とは?

賃貸の規約および集会の決議のうち、「使用方法に関する事項」(建物や敷地等の使用方法に関する取り決め)は、所有者から建物(占有部分)を借りている占有者(賃借人)に対しても効力を及ぼしますよね。一方、「管理に関する事項」は、賃借人に対しては効力を及ぼさないんですね。義務違反者に対しては、所有者全員で違反行為の停止を求めたり、当該区分所有者の占有部分の使用禁止などの請求ができるほか、集会の決議によって訴訟による解決も可能ですよ。

札幌市白石区の賃貸マンションは、ダブルオートロック機能やテレビモニター付きのインターホンが取り付けられている防犯性に優れた賃貸マンションです。