知っておきたい!賃貸の引越しにかかる費用

賃貸の引越しにかかる費用の内訳とは?

賃貸の部屋へ引越しをするときはさまざまな費用がかかりますし、合計すると大きな金額になります。大まかに分類すると、不動産屋等へ支払う費用と、引越し業者へ依頼する費用、そして生活必需品の購入費用などに分けられるでしょう。ただしこれらの費用は、契約する賃貸の条件や家賃、そして引越しする距離や必需品の数などによって変わります。また不動産屋等へ支払う初期費用については、それぞれの家賃に比例する場合が多いため、家賃そのものの額によっても変わります。

不動産屋へ支払う初期費用は?

不動産屋等へ支払う初期費用は、敷金・礼金・仲介手数料などになりますが、それにプラスして1ヶ月分の家賃を前払いする必要があります。それらの費用は、合計して家賃の4~6ヶ月分になるのが一般的で、例えば家賃が5万円の場合は20~30万円かかることになります。ただし、初期費用は、物件の契約内容によって変わりますし、できるだけ費用を抑えたい場合は「敷金・礼金ゼロ」といった、初期費用が安く抑えられる物件を探すのもいいでしょう。

引越しと生活必需品にかかる費用は?

賃貸へ引っ越すときは、不動産屋等へ支払う費用だけでなく、引越し業者へ依頼する費用や、家具・家電などの生活必需品を購入する費用なども必要になります。引越し業者へ依頼する費用は、距離や荷物の量などによりますが、一人暮らしの場合は5万円程度、そして2人暮らしや家族の場合は10万円以上かかるというのが相場でしょう。そして生活必需品の購入費用については、一人暮らしの場合は10万円程度で、新婚生活などを始める場合は30万円以上かかると言われています。

賃貸物件を退去する時は、借りた時の状態にして戻す原状回復が基本で、大幅な工事が必要な時は入居時に支払った敷金から支払われます。