いつかは別荘を!別荘と別荘地についての概要

別荘の習慣は日本にも古くから存在しています

別荘とは、自宅以外の場所に避暑、避寒、休養目的で建てられた家の事で、集合住宅タイプも存在しています。この別荘ですが、実は平安時代から既に存在していたのです。寺社を離宮として扱っていた名残もあり、平等院や京都の大覚寺などもその1例です。その当時は別荘と言う言葉ではなく別業、と言われていましたが、今も昔も別荘はお金持ちの人が所有するイメージの通り、当時もその認識は変わらず、貴族達が有する特権の1つでもありました。

別荘地の候補に変化あり?

別荘地と言われて思い付くのは、軽井沢、ではないでしょうか。他にも清里や那須なども有名で認知度も高く、人気の避暑地ですが、近年では別荘地の候補に変化が見られます。別荘を置きたい土地のトップに上がったのはなんと、沖縄県の宮古島や石垣島です。2位以下は伊豆、熱海、箱根といった、避暑避寒、と言うよりは温泉地として有名な地域です。海の見える別荘地か、温泉でゆっくりと寛げる別荘地か、避暑だけではない目的も増えてきました。

別荘は別荘地に建てるのか無難?

別荘は別荘地として開発された場所に建てる物、と言う訳ではありません。静かな場所に別宅として持っていれば良いのですが、別荘地に建てるのには、勿論理由があります。1年のうち僅かな期間だけを過ごす別荘の管理です。専用に開発された地域ならば、共同管理を行っている場所もありますし、入り口に交番があって他人が入れない場所もあります。別荘所有者同士ばかりなので、地域で生活している地元の方とも軋轢を生みません。別荘地には別荘地のメリットがとても沢山あります。

別荘の物件の情報は専門に取り扱う不動産の業者を利用すれば、全国の色々な場所で快適に過ごせるものが見つかります。